高齢者に役立つ保証制度|成功率の高い不動産投資とは|一棟買いだと高収入を期待できる
男女

成功率の高い不動産投資とは|一棟買いだと高収入を期待できる

高齢者に役立つ保証制度

紙幣と電卓

家賃債務保証とは高齢者のための保証制度のことです。高齢者は賃貸住宅を借りるときに入居を断られるケースが多いです。賃貸住宅の大家さんからしたら家賃を滞りなく支払ってくれることが最も望ましいことです。この家賃債務保証があれば、大家さんはもし借主が滞納があるような場合は支援センターから立て替えてもらうことができます。入居者が高齢者の場合はなかなか直接回収することができないケースがありますが、この家賃債務保証制度によって最長で6ヶ月分まで保証してもらうことができます。原則的に対象となるのは高齢者向けに賃貸住宅を行っている民間の住宅です。入居する人も一緒に同居する人も60歳以上の高齢者である必要があります。

家賃債務保証は大家さんと財団が契約することで、財団がいわゆる連帯保証人の役割を果たすことで入居者支援を行うというものです。この制度のおかげで高齢者世帯は以前よりも入居しやすくなりました。基本的には2年契約です。もちろん、高齢者以外にも障害者世帯と外国人世帯も対象になります。いずれも一般的に入居が認められることが少ない世帯です。ちなみに、誤解されやすいことの1つとして、返済義務があります。この制度は滞納したお金を借主の代わりに立て替えるだけですので、借主は後でお金が用意できたときに財団に返済する義務があります。そうではあっても入居しやすくなっていることは間違いありません。空き家で悩む大家さんの数も少なくなっています。